pHとkHについて

2016.9.12

 

名称未設定 1

アクアリウムは化学と生物学から成り立っています。化学って難しい!!とお考えのみなさま・・・心配しないでください。アクアリウムに必要な化学的専門知識は、ドイツの賢い人が代わりに考えてくれています。重要な水質をいくつか測定し調整をすればアクアリウムを楽しむことが出来ます。「化学」と難しく考えずに、特性だけを覚えれば難しくありません。アクアリウムにおいて化学は、答えを見つけ出すための道具と思っておきましょう。

 

一般的にアクアリウムで測定する水質は、約10項目程です。その中でも「pH」ペーハー/ピイエイチと呼ばれているものはよく耳にするのではないでしょうか?しかし、実際は何の事でどんな性質があるのかは、答えられない方が多いと思います。それでも、アクアリウムの飼育においては「pHの調整で魚の健康を歌いましょう!」と言わんばかりですね!

 

まず、「pH」から、
飼育の基本や淡水魚ガイド、海水魚ガイドでも水質についてふれています。(各ガイドは制作中です)水質を語るうえで「pH」は避けることが出来ません。「pH」とは、簡単に言うとアルカリ性か?酸性か?って事です。水中のアルカリの要素が多いとアルカリ性に、酸の要素が多いと酸性に水が変化します。魚がそもそも生息していた水のpHと水槽のpHを合わせることで、体への負担が少なくすむよってお話です。アルカリ性の海に生息している海水魚はアルカリ性の飼育水で飼育をし、酸性のアマゾン川の魚たちを飼育する場合は、水槽の水を酸性の水の調整したほうが良いということです。

しかし、pHは多少やっかいです。その特性はいわゆる「都合の良いお友達」の様な感じなのです。pHさんは、ある人が「右!」と言えば「右へ」、ある人が「左!!」と言えば「左へ」とすぐに移動してしまいます。「周りの意見を真に受けやすいpHちゃん」って感じでしょうか。そこで登場するのが「KH」です。この「KH」はpHちゃんの大親友です。いつもゆらゆらなpHちゃんをKHちゃんは見ていられません。ある人がpHちゃんに「右!!」と言った時に、KHちゃんは「ちょっと、ちょっとpHちゃんもう少し考えてみようよ。時間がたてば左かもしれないし。。。ね??」と声をかけてpHちゃんをその場に踏みとどまらせようとするのがKHちゃんです。ここでいう「右」はアルカリ性!「左」は酸性です。まさにKHはpHとその他の「仲介者」とも言いましょうか。KHはpHの変動をしにくくする働きがあるのです。

 

ここまで理解できたら、もう1歩ふみだせます。
人に例えると簡単ですかね?(^-^)