ヤドクちゃん~植物も楽しめる~

2017.2.24

20170214下書き

皆様こんにちには!
今回の写真はヤドクガエルのお写真です。
こちらはセラスタッフの飼育している「ベントリヤドクガエル”リオナポ”」と言う種類の蛙ちゃん。
「森の宝石」とも呼ばれるヤドクガエルですが、実は柄や大きさは本当に幅が広くて、好みの色、柄も見つけやすいかもしれません。

そんな蛙の飼育ですが、蛙の飼育と共にあると言っても過言ではないのが植物。
写真左側の筒の様な植物は「レオネゲリア」と言う植物の一種ですが、この筒の中や葉の間に卵を産み付けたり、自分の寝床として使ったりするそうです。
勿論、ゲージ内を生き物専用にレイアウトするので、ジャングルの一角を再現する事になります。
自分の生き物に合った植物を探したりするのは難しいかもしれませんが、少し位は知っておかないと、今度は飼育する生き物に支障が出たり。。。
そのバランスはとても難しいですが、そこから植物に興味が湧いたりする事もしばしば。
生き物主体が植物主体になるなんて事も。
それと共に、飼育する生き物の捕食対象を学ぶ事で、ごはんになる生き物(ヤドクの場合はショウジョウバエが主流ですが)までも学びに入ってきます。

蛙だけではありません、カラカラな乾燥地帯に生息する生き物の飼育でも、植物が役立つ事もあります。
生き物の飼育を学ぶ事はその環境を学ぶ事と直結していますね(*´∇`*)