KH

2017.4.24

基本情報台登場人物1

KHとは、炭酸塩硬度と呼ばれアルカリ度を表します。KHテスターは、飼育水に含まれるミネラルと二酸化炭素から生成されるHCO3を測定しています。アクアリウムにおいて、KHはpH値の変動を緩やかにする重要な働きがあります。ようするに、KHが無い水はpH値が大きく変動するために魚にストレスを与えます。昼間は元気だった魚が夜間に体調を崩す場合は、夜間のpH値の変動が原因かもしれません。最低でもkH値は、4°dKH以上になるように飼育水を調整してください。kH値を上昇させる為には、seraKH/pHプラスを使用しましょう。sera KH/pHプラスを使用しても安定しない場合は、seraミネラルソルトと二酸化炭素の供給を行ってKH値を上昇させてください。

弱酸性の飼育水を作るためにseraスーパーピートをご使用の際は、KH値が徐々に下がってしまいますが問題ありません。pH値を弱酸性に保つ効果のあるピート成分がpH値の上昇を緩和するからです。しかし、過剰な酸素や二酸化炭素を供給している場合は注意してください。定期的なpH値の確認をお勧めします。

【関連製品】

測定するための製品  sera kHテスター

上昇させるための製品 sera kH/pHプラス

※ここでは、あくまでもアクアリウムに関連した内容での記載を行っています。化学的な意味合いとは異なる不適切な表記がありますがご了承ください。