ペンキをお肌に塗りますか?

2017.8.16

 

今回は「色揚げ」についてです。

夏の日差しをもろに浴びている人間の方々。

日焼け痛いですよね。皮が向けますよね?

きゃーー!!大変!思って、ひんやりジェル塗ってみたりはしますが、、、やっぱりしばらくピリピリ感やガサガサ感は気になります。

そこで女性は焦る!「シミ」「ソバカス」「しわ」。。。

もうこれ以上増えないでと願うばかり、よしサプリメントを飲もう。肌のお手入れをしよう!と思っても、お肌に「ペンキ」は塗らないですよね??

「白くなりたい」だから「白いペンキ」でも塗ればなるじゃないですか?でも塗らないですよね?

保湿クリームや「お野菜中心」の食生活にして、ビタミン、鉄分しっかりとって内側から元気になろうとすると思うんです。

続けていくと、いつの間にかツヤツヤなお肌になって、精神的にも元気になってきて、やっと普段のお肌になって、それから「もっと白くなりたいな」と思った時には「パック」や「美白クリーム」等に手つけますよね。(普段使用の方もいますでしょうけど)

お魚でも同じ事があって。

例えばディスカスカラーブルーはブルー。って名前にある位。

でもブルーに特化する着色料(ペンキ)は存在していません。

「青くなるの?」

それ、「ペンキぬるの?」

と同じ感覚なんです。

あくまでも、内側からの発揮をさせるのであって、結果「青い」部分が輝く様になる傾向を作るご飯と言う認識です。

サプリメントに近いですね。

でも、サプリメント飲んでる最中にまた日焼けをガンガンしていたら、「綺麗」になるどころか「汚く」なりますよね。

いっくら、「食べ物で摂取していても、外部的な要因(水質やら照明やら)は否めない」

そーゆー事です。

ただ、ご理解してほしい。

無理やり肉体改造をして「色揚げ」をする様な成分は一切入っていませんので、安心して与える事ができますよヽ(*^^*)

sera ディスカスカラーブルー