緊急用ですよ!!

2017.10.3

皆様、こんにちわ。

突然ですが、セラ製品の正しい使い方で使って頂いてますでしょうか??

と疑問に思う製品のご紹介です。

s0225_02.jpg

 

 

コチラ。

セラ アクアチューナーです。

こちらの効能は次の通り。。。

・少量で効果あり(水20Lに対し4ml使用)
・塩素とクロラミンを即効除去
・重金属の無害化
・アンモニウムと亜硝酸塩を即効除去
・硝酸塩濃度の上昇を防ぐ効果あり
・水換え回数の低減
・コケの繁茂を抑制

と言う事ですが、これは効能。

ではどんな場合に使う事が最適な使い方なのか?

と言う事を理解して頂きたい!

製品ページ内では

魚の投薬治療後のメチレンブルーやマラカイトグリーン、過マンガン酸カリウムの除去にも効果的です。飼育水が危険にさらされている場合や、購入した魚の袋の中の有害物質の除去にも適しています。

とか書いてありますね。

言い換えますと

「通常使用用品ではありません」

と言う事。

なぜかって、「緊急用」だからなんですよ。

ですので、単純な塩素抜きとして水換えのたびに遣うのであればアクアチューナーではなく

セラ アクタンをご使用下さい。

セラ アクアチューナーの使い方としては

例えば「今週忙しくて、水交換できないな~」なんて思う週末の2日間があるとします。

でしたら、アクアチューナーを2日間入れて下さい。

2日分の有毒なものは除去しますよ。

こーーんな感じ。

他には

「袋の中に長時間いた・・・、呼吸が荒い気がする」

なんて時にも、袋に直接入れて下さい。

死ぬ要素のある成分は除去できます。

こーんな感じかな?

 

おわかりかと思いますが念のため。

毎日、毎日、出つづけてるんです。

アンモニアも亜硝酸も。それを除去はできますし、します。

しかし、それは何日も何日も効果が持続します。と言うものではありません!!だって、毎日毎日出るものの方が量は多くなっていきますから。。。

その持続効果を求めるのであれば、基本的にはろ過材を頼る形に思考を変更して下さい。

そんなこんなで、「緊急用」なんです。

それとご注意。

亜硝酸塩が異常な数値で高い場合の水槽。

こちらに関しては、アクアチューナーの通常規定量でまかなえるのか否かがキーポイントになります。

通常(水20Lに対し4ml使用)ですが、これで、賄えない程の量の亜硝酸塩やアンモニウムであれば、消えると言う事にもなりません。

なので、この場合には、効果が見れない事がある。

※アンモニウムの除去ですよ!アンモニアではなく!!ちょっと詳しい事はクリックしてください。

亜硝酸塩やアンモニウムが高濃度の場合で

水草が入っていない淡水水槽であれば、規定量の5倍まで投入量を増やすことができます。

 

そう、だーかーらー「緊急用」なんですよ。

水草や無脊椎動物の入っている水槽には使い続けられないんです。

 

そーんなこーーんなでボソッと本音を言わせてね。

「アクアチューナー使ってじゃないと維持できない水槽なんて、そもそも根本的な、管理も、維持しているろ過材とかも見直し必要でしょ・・・」チャンチャン。