アクアチューナーの効能とは? 

2018.3.2

アクアリウム製品には多くの中和剤があります。

セラ製品の中では「アクタン」と「アクアチューナー」があります。

 

アクタンは水道水を飼育水に調整する調整剤!

アクアチューナーは緊急回避の中和剤!

どちらも、有害物質の中和効果を保持するアクアリウム用品です。

 

緊急時の有害物を除去する

アクアチューナーの効果を検証していきます!

 

表1 表2

※この画像はドイツセラ社の開示するアクアチューナーと他社製品との比較グラフです。


この記事はアクアチューナーのシリーズとなり構成させています。

ご興味のある方は

①アクタンとアクアチューナーの違い

②アクアチューナーはエビに有害?無害?

を合わせてご覧下さい。

 

今回は

「③アクアチューナーの効能とは?」・・・・

 

アクアチューナーはアクアリウムにおいて非常に重宝します。

☆塩素&クロラミンを即効除去

☆重金属の無害化

☆アンモニウムの除去

☆メチレンブルー、マラカイトグリーン、過マンガンカリウムの除去

 

よって、

★水道水の塩素濃度が極めて高い場合

装飾物を塩素で漂白した際の塩素除去

★水質がアンモニウムで急に悪化した時

★魚病薬使用後の残基を除去する際

★新しい魚を購入し、水合わせのリスク回避など

 

1つお手元にあると安心ですね(*´▽`*)

 

 

とても役に立つアクアチューナーですが・・・

実は昨年、社内で熱く論議されました。

なぜならば

豊洲市場の土壌汚染問題!

 

「アクアチューナーで解決できたら面白いですね~」の一言から始まったのです(笑)

そこで、第三機関へ、アクアチューナーの実証依頼をお願いしてみました。

 

 

<第三機関への検証依頼>

アクアリウムでは馴染みがありませんが・・

土壌汚染を代表する下記物質について検証しました。

 

ベンゼン・シアン・水銀・六価クロム・鉛、ヒ素、カドミウム

 

これら有害物質に対し、使用後のデータ報告を依頼してみました!

 

アクアチューナは

通常の使用量は、20Lに対し4ml使用します。

有害物質が極めて高い場合、5倍量の使用が推奨されています。

そこで、1L(㍑)の検体に対し、1ml投与して検証してみました。

難しい化学的な詳細は省き、下記に結果をご報告します。

 

【簡単に結果報告】

ベンゼン 0.02 → 0.016

シアン 0.20 → 0.005

六価クロム 0.10 → 0.017

鉛・ヒ素・カドミウム 0.02 → 0.019

水銀 0.001 → 0.001

 

シアンと六価クロムに対しては効果的なことが分かりました。

もっと細かく試験しようか迷いましたが・・・

今回はここまでと判断、豊洲には使えないかっ!(笑)

 

でも、勉強になりました。

実証検証にご協力頂きました皆さまには感謝です。