ソフトコーラルの開花

2018.7.12

暑い日々が続いておりますね!

来週は海の日です。「海」関連でセラジャパン事務所水槽のサンゴをご紹介します~

 

カタトサカの種類だと思います。

二次ポリプも開いてますよ!淡いグリーンの綺麗なトサカです。

 

次は、ムラサキハナヅタの仲間です。

元々は茶色でしたが・・今はグリーンになりました。ラッキー!!

マリンアクアリウムも良いですよ~

 

でも、

近年、サンゴの輸入が難しくなっています。ひと昔前までは、インドネシアから多くのサンゴが輸入されていましたが、自然界のサンゴを守る方向に向かっています。

今後は、人工的に養殖されたソフトコーラル(トサカ・キノコ・マメスナ・ディスク)やイシサンゴ(ミドリイシの仲間)だけになるのではないでしょうか!

一世風靡した、ナガレハナやタコアシ、ハナガサなどのリーフタンクを今後は再現出来なくなると思うと残念です。

 

ちなみに、ドイツでは既に数十年前から人工的に増やすことの出来る種類で楽しむマリンアクアリウムが主流です。キクメイシやハナガサでさえも水槽内で増殖し岩肌を浸食していることに驚きました。

是非、アクアリウムを通じ、水槽を通じ、自然と向き合う事も大切ではないでしょうか!業界内では「輸入規制前に大量に輸入しよう」「今のうちに売ってしまおう」などの声も聞こえますが・・・

出来れば「どうやったら、貴重な種類を水槽で増やせるのか」「どうしたら、失敗しない飼育方法を伝えられるのか」を議論してもらいたいものです。