pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】①

2019.7.23

変動がダメ

以前、セラのテスターでアンモニアが知りたければ、先ずはpH値を計りましょう!と言う趣旨のお話をしました。

詳しくはコチラをご覧下さい↓

pHとアンモニウムとアンモニア(NH4/NH3)

 

今回は、pHについて少し詳しく解説いたします。

因みに、今回は淡水性のお魚を基準に進めていきますよ!

少しオサライしときましょう。

pHの特性はコチラをご覧下さい。(クリック&タップしてね)

 

多分。アクアリウムをやっていると感じる関門!

 

「pH値を安定させる!とか・・7.0がいいとか、6.5がいいとか言うけど、どうやって調節して安定させるんだよ!」

「ひとまず計ってみたら、大丈夫だったけど??」

なんてことになっていませんか??

是非!もう、一歩進んでみましょう!

結論から言ってしまえば。

①pHが上下すると困ってしまうお魚達がいます。(あくまでも、上下の変動です。)

 

②pHを調節したいのであれば、現時点からマイナスにするのか、プラスにするのかをまず決めましょう!もしくは現状維持かな?

 

③そして、pHを安定させるにはKHが必須です。

 

④pHじゃなくてさ、もう、KHとgHとCO2を見ようよ。←え。

 

そもそも、pHが何なのか?なんて、とてつもなく化学的な事を知る必要はないんです。

しいて、解読するならば、水の中で生きる魚達にとって、一つの目安になる物。

ここまでで十分なんです。

それに、それ以上を知った所で、アクアリウム上では使いこなせないですし、細かい調節をする事は不可能に近い事。科学者や研究者にでもなってからでないと、出来ない事なんです。

ここで割り切って「自分はお魚を飼育する飼い主であり、研究者ではない!」と思えるかどうかで、水質に対する考え方が大きく違ってきます。

 

少し大事な事だから、しつこいですけど、続けます。

 

人で例えたとします、ご家族が病気になり病院の先生にみてもらいますよね。その時に、色々質問はあるとは思いますが、まさか、薬の成分と体への化学的反応をうかがったりしませんよね?

 

薬に含まれる〇〇成分が血液中の〇〇と反応して〇〇神経へと伝達され、〇〇反応が起きます、それによって〇〇から〇〇が~~~~~~~~

 

こんな説明を聞いても理解する事も、理解するために研究する事も非現実的ですよね?

 

それに理解した所で、自分で薬を調合する事も出来ないと思うんです。

 

あくまで、家族の身内であり、研究者や専門医ではない。

 

そー言った思考がアクアリウムでも必要です。

 

さて、話は反れましたが戻りましょう!

 

 

①pHが上下すると困ってしまうお魚達がいます。(あくまでも、上下の変動です。)

適正はあります、弱酸性の南米にいる淡水魚や、アジア圏に多い弱アルカリ性の淡水魚や、海水魚なんてアルカリ性です。アフリカンや金魚もほどほどアルカリ性。

しかしこれらは、生き物が住み心地の良いpHの環境であり、そうでなければ直ぐに死ぬと言うものではありません。

その中でも、エビやディスカス等の俗に言う「水質に敏感で、少し難しい」と言われる種類の生き物達ですが、単純に飼育をする場合は「pHを安定させる」事に重点をおけば、あとは気にしないでも平気なんです。

(※ブリード目的ですと、時に必要な上下があります。)

例えば「6.5でなければならない」とか。

その数字に囚われてしまうと、普通の飼育を望む方も「6.5でないと飼育出来ないし、調節できないと飼育出来ない」みたいな勘違いをされる方がいますが、それは似ている様で、ちょっと違います。

敏感な子達は「pHの上下に敏感」なだけで、「6.5から外れた状態(6.7や7.0)が良くない」訳ではありません。

まず、生き物の適正であるpH値があります。

なので、まずは飼育しているお魚の適正範囲を調べましょう。

きっと意外にも広い範囲なはずです。

そこから大きく外れる事は勿論、住み心地はよくありませんのでご注意を。

そして、適正範囲を知ったら、次は「望む数値に調節して、安定」させる事に重点を置いて下さい。


 

この記事はあまりに長文になったため、一度最後まで書き終わった後に、再編し、画像入りのシリーズに分けております。1度最後まで読んだ方はラッキーです♪

 

次回!!

pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】②

 

内容案内:①に引き続き、「②pHを調節したいのであれば、現時点からマイナスにするのか、プラスにするのかをまず決めましょう!もしくは現状維持かな?」

この部分について詳しく解説していきますのでお楽しみ~♪