s0229_01.jpg

sera CO2テスト

製品説明

sera CO2テストは、観賞魚用飼育水の二酸化炭素(CO2)濃度を長期間測定するCO2長期測定試薬です。
飼育水の二酸化炭素(CO2)濃度の測定が、本品15mlで約90回測定が可能です。水草の元気で青々とした姿を保つには、適切な光とすべての重要な栄養素を与えることが大切です。1週間に1度、1/3量の水換えをするタイミングで、試薬の交換をしてください。本品は、飼育水中のCO2量の変化に対し、30~60分遅れて反応します。もし、測定容器の中の水がそれよりも早く変化した場合は、フタがしっかりと閉まっていないか、Oリングの弾力がなくなってきているので、ご確認いただき新しいものと交換してください。

水草の育成について詳しくは「水草ガイド」をご覧ください

 

バナー2完成版

※商品デザインは予告なしに変更することがあります。予めご了承ください。
  • 淡OK
    淡OK

    淡水魚用

    この製品は、淡水性観賞魚の飼育に使用出来ます。

使用方法/与え方

ご使用前に、試薬容器をよく振ってからご使用ください。

 

【付属内容】

CO2テスト試薬①15ml☓1本

CO2長期測定容器(キスゴム含む)☓1個

CO2濃度比較シール☓1枚

使用説明書☓1枚

 

【測定方法】

  1.  ピラミッド型のキャップを取り、飼育水を縁のすぐ下まで(1.5 ml程度)入れてください。
  2. CO2指示薬を3~4滴加え、再びキャップをかぶせます。
  3.  測定容器を上下逆さにして、付属のキスゴムを使って水槽の内側に垂直に取り付けます。必ずこの手順通りに行ってください。
    手順を誤ると、正しい測定結果が出なかったり、破損の原因になります。
    重要: 測定容器の下部の空間は、一部だけが飼育水で満たされていることをご確認ください。
  4. 水槽の外側のガラス面に、付属のカラーチャートシールを貼り付けます。色の比較がしやすいように、測定容器の横に貼ってください。
  5. 長期間使用しているうちに、測定容器内のテスト水は色あせてきます。この場合、上記1.~3.の手順に従って、測定容器に飼育水と指示薬を再び補充してください。その際、測定容器を1度よく洗浄してください。
  6. 測定容器のキャップの取り外しがうまくできない時は、Oリングのシリコンオイルが乾燥しています。この場合は小さなドライバーなどを使ってキャップを慎重に外し、Oリングの部分にシリコンオイルを塗ってください。

 

co2長期テスター説明png CO2長期試薬カラーチャート説明入り

 

 

【注意事項】
試薬容器のフタは使用後すぐに閉め、他の試薬のフタと取り違えないようご注意下さい。
日光の当たらない室温(15~25℃)で保管してください。
開封後はなるべく早く使い切ってください。
お子様やペットの手の届かない場所で保管してください。

調整方法/関連商品説明

【二酸化炭素を供給する場合】
sera CO2スタート及び sera フロレシリーズ①を使用してください。

 

【二酸化炭素を減らす場合】
水槽内でエアレーションをすることで減らすことができます。

 

【色 :判定】
青      :飼育水中の二酸化炭素量が少ない
濃緑 :飼育水中の二酸化炭素量は適切
黄緑 :飼育水中の二酸化炭素量が多い

製品サイズ

製品名 容量 メーカー希望小売価格(税別) JAN 取扱製品
sera CO2テスト 15ml ¥3300 4001942-043205 取扱中
 取扱中 印は、セラジャパン取扱い製品で、マークのない製品は現在日本での取扱いがありません。