s0227_16.jpg

sera pHテスト

製品説明

sera pHテストは、観賞魚飼育水のペーハー(pH)値を測定するpH測定試薬です。
淡水・海水中のpH値(4.5~9.0)の測定が約100回ほど測定が可能です。熱帯魚は生息地によって異なる水質(酸性/アルカリ性)に生存するため、適切な水質に調整する必要があります。本品は、飼育水中の水素イオン濃度を測定し飼育水のpH値を測定することが出来ます。弱酸性の熱帯魚はpH値6~7、弱アルカリ性の熱帯魚はpH値7~8、金魚やメダカはpH値7~8、海水魚はpH値8~8.2を目安にpH値の調整をしてください。

 

水質について詳しくは「水質ガイド」をご覧ください

 

バナー2完成版

※商品デザインは予告なしに変更することがあります。予めご了承ください。
  • 淡OK
    淡OK

    淡水魚用

    この製品は、淡水性観賞魚の飼育に使用出来ます。

  • 海OK
    海OK

    海水魚用

    この製品は、海水性観賞魚の飼育に使用出来ます。

  • 小動OK
    小動OK

    小動物用

    この製品は、爬虫類やその他小動物の飼育に使用できます。

  • Liquid water
    Liquid water

    液体

    この製品は、液体状の観賞魚飼育用品です。
    誤飲防止の押し回しキャップです。キャップの取り外しには、ご注意ください。

  • Turn Press
    Turn Press

    押し回しキャップ

    小さなお子様があやまって使用しないように、誤飲防止機能のキャップになっています。
    ご使用の際は、キャップを下におしながら反時計回り(上から見て)に押し回してください。

使用方法/与え方

■開封方法/キャップの特徴

本品のキャップは、誤飲防止の押し回しキャップになっています。

キャップを上から押しながら、上から見て反時計回りに回して開封してください。

開封の方法はコチラをご覧ください↓↓

CRキャップ

 

【付属内容】

pHテスト試薬15ml☓1本

試験管20ml☓1本

カラーチャート付き使用説明書☓1枚

日本語簡易説明書☓1枚※

※2018年より全テスター類に折り込んでいます。

 

◆使用方法

ご使用前に、試薬容器をよく振ってからご使用ください。

 

【測定方法】

  1. 付属の試験管をテストする水で数回すすぎ、測定水を試験管の5mlの目盛りのところまで入れてください。試験管の外側についた水滴は拭き取ってください。
  2. 試薬を4滴加え、試薬液がよく混ざるように試験管を振ってください。
  3. 直ぐに試験管をカラーチャートの白い部分にのせ、直射日光の当たらない自然光の下で上から覗き込み色を比較します。
  4. 該当する色に従って、pH値を判断します。
  5. テストの後には、真水(水道水)で試験管をよく洗って洗浄しください。

 

s91_img2

 

【注意事項】

試薬容器のフタは使用後すぐに閉め、他の試薬のフタと取り違えないようご注意下さい。

日光の当たらない室温(15~25℃)で保管してください。
開封後はなるべく早く使い切ってください。
お子様やペットの手の届かない場所で保管してください。

 

pHテストの測定動画

 

◆アドバイス

水槽飼育で安定したpH値を保つには、常に炭酸塩硬度(kH)が最低でも4~5°dKH必要です。

kH値が低いとpH値が急激に変化する危険性があります。

調整方法/関連商品説明

【なぜ?水槽のpH値が変化するのか】

魚を飼育すると水中に存在する物質の量が不規則に変化するため、pH値が変化します。

例:酸素量と二酸化炭素量

例:魚の排泄するフンの量

例:土や流木、砂や石などから溶け出す物質量

 

特に、日中と夜間ではpH値が大きく変動する場合があります。

 

【pH値を安定させる方法】

安定したpH値を保つには、常に炭酸塩硬度(kH)が最低でも4~5°dKHなければなりません。

kH値が低いとpH値が急激に変化する危険性があります。

そのために、pH値を調整する前には必ずkHテストで炭酸塩硬度を測定し、必要に応じてKH/pHプラスで炭酸塩硬度の値を最低でも4~5° dKHまで上げる必要があります。

 

【pH値を下げたい場合】

・水質調整剤のpHマイナスを使用して、値を下げることができます。

・淡水水槽の場合はスーパーピートを使用することで、簡単にpH値を6~6.5に安定させることが可能です。

・二酸化炭素を飼育水中へ溶け込ませることでpH値を下げることが出来ます。

 

【pH値を上げたい場合】

・水質調整剤のKH/pHプラスを使用して、pH値を上げることができます。

ミネラルソルトを使用して、gH値を上げることで徐々にpH値を上げることができます。

・酸素を供給することでpH値を上げることが出来ます。

※水中の有害物質(PO4やNO3など)が高い場合は、pH値が下がっている場合があります。

製品サイズ

製品名 容量 メーカー希望小売価格 JAN 取扱製品
sera pHテスト 15ml ¥2,090(税込) 4001942-043106 取扱中
 取扱中 印は、セラジャパン取扱い製品で、マークのない製品は現在日本での取扱いがありません。