ヒョウモンさんの脱皮風景【飼育環境と体の思考】

2019.5.14

只今、爬虫類のセール中ですので、セラジャパンストアへご来店下さいませ~!↓↓↓今回ご紹介する商品も安価でお買い求め頂けますよ!!

スクロールECキャンペーン爬虫類

 


脱皮見つかりましたカー

皆様こんにちわ!

とってもお久しぶりに爬虫類系のブログを書いていますね。

今日は、ヒョウモンさんの脱皮シーンを撮影できたのでご紹介しつつ、飼育環境や体への思考について少しお話していきましょう♪

脱皮=大きくなる事と思っている方いませんか~!

確かに、それも!ある。

しかし、単純には皮膚の老廃物を「脱皮」と言う形で出している事なんですよ~。

もし、脱皮がない、脱皮が上手に出来ないなどの症状がある場合は、老廃物が上手に出せない状態であると思考してもOKです。

 

そう考えると、外部的な要因と内部的な要因どちらが、より改善策となるのでしょうか??

あくまでイメージですが、70%内部的、30%外部的・・・そんなイメージかと思います。

その直感が正しい!と思います。

 

人も同じかと思いますが、老廃物が出せない状況を打破するにはまず、「体全体の循環サイクル正常化」ですね。

例えば、運動不足を解消してみたり、サウナで汗を流してみたり、ストレッチしたり、規則正しい生活をしてみたり。

爬虫類で例えると、十分な運動が出来るスペースの確保。

温度や湿度を変動させたりして自然界を再現(一定に保てばOKではないのです)

なんて工夫でしょうか。

ヒョウモンちゃんは「飼い易い」と人気の出た種ですが、小さなプラケースで飼育している方は要注意ですよ~。

ヒョウモンちゃんだって、夜中は沢山動きたいのです。

でも動けないのであれば、ちょっと不健康要因アリでしょう。

 

ではいくら、体のサイクルが良くでも、体に必須な栄養素が上手に摂取されていないと、勿論、老廃物も上手には出せません。

マッ〇ばかり食べてると、油が出たり、ニキビが増えたり、便秘になったりするのと同じですね~。

※執筆者は女性です。

質の良い老廃をするには、内側からの影響がとても大きいと言う事です。

「バランスの良い栄養素を~」

なんて言うのと同じで、爬虫類でもバランスを取ると良いのです。

そうは言っても、「肉食」や「草食」は確かにあるのですが、先入観は禁物です。

肉食だからと言って、一切草を食べないのか?と言うと、間接的にでも摂取はしているのです。

例えば、ネズミを丸呑みする蛇でさえ、ネズミの胃袋には色々なご飯が入っていて、中には葉などもあるでしょう?

「それごと食べている」だけにすぎないのです。

皆様、是非、「自然界で、食べた後に起こる体の吸収」の妄想や想像を膨らませて下さい。

先入観に囚われず、何か違ったお食事も視野に入ると思います。

そして、その摂取方法を工夫して下さい。

「肉食」の方法や「草食」の方法を工夫して下さい。

もっと、もっと色んな食べ物を様々な形で与えられると思います。

でも、やっぱり難しいわ。。と思う方。

もう、迷ったらコレですよ。

sera ラフィP

こちらの商品、どんなカメ、どんなトカゲ、どんな両生類にも与えられるバランスの主食フードですから。

もちろん「ベストチョイス」ではなく「ベターチョイス」です。

肉食寄りであれば、たまにはこちらもお勧め

sera レプタイルプロ肉食性用

こんな風に、毎日、ずっと同じご飯ではなく、色々なご飯をより幅広く与えられると、上手に老廃物も出す事が出来る体になっていくと思います。

実際、この子はクル病から、脱皮不全まで酷い子だったのですが、今ではクル病だった事すらも思わせない、運動ぶり、脱皮ぶりでございます。

脱皮みちゃいやー

 

「運動って大事だな」

「リハビリなんだろうな」

「日々の生活習慣なんだろうな」

と、つくづくスタッフでした。