失敗しないためのポイント<生き物が満足する食事を考える「食」>③

2018.3.20

image2

 

私たちは、アクアリウムを説明する上で、私たち人間の生活に置き換えて説明しています。

私たちの生活を考える上で「衣・食・住」は、とても大切な要因です。

同じように魚や小さな生き物を飼育する為にはとても大切なことです。是非、衣/生・食・住に分けて考えてみてください。

今回より前の関連記事を合わせてお読みくださると理解しやすいかと思います。

「コンパニオンアニマルと愛玩動物①」

「失敗しないためのポイント<生き物の生態を学ぶ「衣・生」②>」


 

 

今回は「食」についてです。

 

私はどうせ食べるのなら、美味しい食事を望みます。そして、健康的で身体によい食事、肥満にならなくて、成人病にならなくて、なお、毎日そして毎回異なる食事が理想です(笑)

魚も同じ!美味しくて、肥満にならない、病気にならない、そして、毎回異なる風味の食事を望んでいます。

魚達は自然界で、多くの生物や植物などから異なった栄養素を摂取します。

実はとてもバランスが良いのです。

そして一部の魚種は除き、毎回異なった食事を自然に取っている事になります。

 

釣りを趣味でやっている方はご理解いただけると思いますが、毎回同じエサでは魚も飽きてしまい食べません。

また、季節によっても捕食するエサが異なったりします。

 

是非、大切なお魚の健康を考えるのであれば、異なった趣向の食事を考えましょう!そして、安易に太るだけの食事が如何に危険なのかを理解してください。ジャンクフードで太った姿を見て、立派に成長したと勘違いしないでください。また、太らせて品評会に出展するブリーダーたちと同じようなエサの給餌は、あくまでもトップブリーダーのやり方で一般飼育の給餌とは異なります。

 

また、総合フードには様々な原材料が入っている為、これ1つで完璧だと思われますが!ダメです。野菜・卵・肉・エビ・米で作ったチャーハンだけ食べる事と同じですよ!生きては行けますが、満足のいく食事とは呼べないですよね!

 

セラ社が豊富なフードシリーズをラインナップしている理由は、魚の満足する食事メニューを考えているからなんですよ!

 

お魚も爬虫類も、人間と同じで食事はとても重要なのです。

免疫力も食事や生活から変わるものです。

いざ、白点病になった時に自然治癒し、薬浴なしで回復できるお魚を飼っているでしょうか?

病気知らずのお魚を飼う事をしていますでしょうか?

 

<重要>粗悪なエサは水を汚します!

エサの残りカスだけではなく、「消化しきれなかった餌」が混在する排泄物により飼育水が汚染されるのです!

「消化しきれなかった餌」とは風味や栄養価が残ってしまった後に排泄物となるものを指しています。

排泄物を魚が食べている姿を見たことはありませんか?

これは、排泄物に消化しきれなかったエサが残っているかもしれませんよ。

栄養価の残った排泄物は、餌を水中にばら撒いている行為と変わりがありません。

また、消化吸収が正しくされなかったと言う事は、魚にとっても負担のあるご飯です。

本当に消化の良い餌は、他の魚が食べる事のない、本当の「カス」になった分のみの排泄物になります。

 

セラ社のエサは、原材料を1度細かくすり潰し、そこから再度形成しているため、体内に取り込まれてからパラパラになった粒子により、消化吸収性に優れているのです。

「ご飯はよく噛んで食べましょう」と母によく言われたことを思い出します。(笑)

 

エサについて詳しく、また選ぶ時の参考資料は↓

エサについて 飼育ガイド