pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】③

2019.8.16

この記事はシリーズものになっておりますので、是非前回、前々回を合わせて読んで頂けると、なんとなーく、分かっていただけると思います。

是非読んでって下さいね♪↓↓↓

pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】①

pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】②


 

・pH値の維持には、KHが必須。

KHが0に近い場合のpH変動

KHが適正値のpH値

 

・kHを生成するにはgHとCO2が必須。

pHwo

 

と言う事をお伝えしました。

なかなか、ゴールにたどりつかないモヤモヤ感!

ありますよねー。

 

と言う事で、伝言ゲームの様な関連を持つものの答えしか触れてきませんでしたが。

今回は、実際にはどうすれば良いのか?

いくつかのパターンをご紹介します。

 

【大事なのはこの水質達のバランス】

gH値の約半分くらいがKH値になるのが理想的です。

例として、gH値が「8」だったらKH値は「3~4」くらい。

gHが「20」だったら、KHは「8~10」くらい。

目安として、覚えておいてください(^O^)/

 

KH値とgh値からCO2を考察

 

勿論、この理想のバランスにたどりつけない場合も多く存在します。

たどりつけない場合は必ず原因がありますので、あらゆる環境、状況を見直す必要があります。

 

是非ご相談下さいね。【お問い合わせ】

 

一例ですが・・・

弱酸性を維持したいがためにソイルを使用して飼育されている方は、二酸化炭素を供給しても、gH&kH値が「0」なんてことありますよ!

kH値が「0」だから、日中と夜間のpH値の変動で水槽が安定しない事ありませんか?チョットCO2を多く添加するとエビちゃんが☆なんてことも・・・

この機会にkH値を測定することをお勧めします。

 

【gHとKHの上げ方を紹介】

pH値の変動&gHとkH

飼育水にgHが無ければ、KHは生成されませんので、まずは、sera ミネラルソルトを投入してgHを上げてみましょう。

 

sera ミネラルソルト

sera ミネラルソルト

投入するとgH値が上がります。↑↑↑

そして、お水の中にCO2が多少でもあれば、KH値が徐々に上昇します。

CO2がほとんど無い状態だと、KHの生成に繋がりにくいので、gHだけがあって、KHが上がらない場合はCO2を足してください。

※お魚も呼吸すればCO2を吐き出している事を皆様見落としがちですが・・・。KHが上手に上がらない場合は、足りないと予想できます。

sera CO2スタート

sera CO2スタート

 

ミネラルソルトと二酸化炭素を供給すると、数日でKHが少しあがり、それと同時にgHが少し下がると思います。

(※もしかしたらgHがなんらかの形で先に消費される場合もあります)

その下がったgH分だけ、またgH(ミネラルソルト)を足す。

この繰り返しでgHとkH値を保つのです。

0pH値の変動&gHとkH

 

3pH値の変動&gHとkH

4pH値の変動&gHとkH

 

2pH値の変動&gHとkH

 

セラジャパンでは1週間に1回のメンテンス日を設けて、水槽を維持していますが、水を交換する前と後に水質を計り、飼育水の調節をします。

なので、「綺麗にするため」ではなく「魚の喜ぶ水に調整する」事であり、メンテンス、そして、水槽の生き物を愛する最大のツールでもあると思っています。

CO2が「水草のためだけのもの」と思っていた方!

結構いらっしゃるのでは~??

CO2が必要なんて意外?!

生体に負担が無きよう、ゆっくりと安定をさせていくのです。

 

pH値のアベレージ(今一瞬ではありませんよ)を保つためには、gHとkHのアベレージを保つ事と意味合いが同じなのです。

 

KHが適正値のpH値

 

その過程においては、様々な変動があり、各水槽の環境で違ってきます。

だから、私達セラスタッフは、お客様の飼育状況を、事細かく知る必要があるのです。

お問い合わせの際は、より細かく飼育状況を教えて頂けるとアドバイスがしやすくなります。


ここで、失敗する時の原因を少しご紹介。

gHやkHはpHに大きく関わってしまうため、いわゆる「うまくいかない!」状態を生み出しやすいものでもあります。

 

「pH値を下げる努力をしても思う様に下がらない」場合

gHやKHが何かしらの要因で存在している場合を予想できます。

お使いの製品(餌や液剤など)にミネラル(gH)の元となる物があったり、過度なエアレーション(O2過多)をしている場合も想定できます。

 

「pH値が何をしても上がらない!」場合

有害物質の見落とし、過密飼育、餌の質の悪さ、水質汚染原因の多さ、二酸化炭素の過剰添加、酸性物質放出製品が使われている、基本的なろ過の見直し、などが原因となってきますので、これまた詳しく聞かないと根本的な解決にはならず・・・。

※金魚や大型魚を飼育していると必ずエアレーションしますよね?あれ、なんの為なのかを良く考える必要がありますよ。pH下がるから、上げたいためにやっていますか?ためしに、エアレーションを切ってみましょう?命の保証は出来ませんが。

多分半日~1日程度で「パクパク」が始まります。酸欠でしょうかね?(ご興味ある方はリンク先へ)下がる原因があるのでしょうね~。なんでしょうね~?

 

もしくは、直ぐにgHが消費されてしまう場合、ない場合は規定量より多く入れる事も考慮します。←セラジャパンではクリプト系を植えると3日持たない場合がありました。当然KHも上がりませんでした。

本当に様々な水槽の水質があるため、予測には沢山の情報があると〇。

それさえわかってしまえば、お魚達が幸せで、飼い主もハッピーな水槽ができるのになーとスタッフ一同考えております。

飼育相談ドシドシお待ちしております

【関連記事】

pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】①

pHってそもそも何?知ってから何をすればいい?【pHを安定させるには?】②