酸欠について考える③【酸素があっても酸欠?】どうして?

2018.5.26

皆様こんにちわ!

 

前回までは、飼育水の酸素不足の原因や対処法について説明しました。今回は「酸素があっても酸欠?」についての説明をしていきます。

 

ご興味がある方はシリーズでお読みになる事を強くオススメします。(水質のお勉強は全てが連動するためです。)

前回までの記事がコチラ

・酸欠について考える①【水に酸素がない??】O2テスターって?!
・酸欠について考える②【水に酸素を溶け込ます】すぐにできる対処法・根本解決は?

 


では、今回は「酸素があっても酸欠?」について説明していきます。

 

「酸素があっても酸欠状態??」

 

殆どの場合は、この原因!

 

前回は、飼育水自体に酸素が溶け込みづらい状況と解決策について解説しました。

まずは、そちらで、飼育水に酸素が不足する原因を復習して下さい。(大事な所だから、何回も伝えますよ)

 

では、酸素があるのに魚が苦しむ原因について考えましょう。

 

重要なのは、お魚の体内の血中酸素量なのです。

「飼育水中の酸素量不足」と「お魚の血中酸素量不足」どちらの場合であっても、酸欠症状が発生します。

私達人間は、口や鼻から酸素を肺に取り込み、そこから血液内に酸素が送り込まれます。

お魚はエラから酸素を取り込み、血液中に酸素が送られます。

(へえー・・口じゃないんだー)

 

お魚のエラには複数の細かい血管があります。

エラは赤いですね!

そのエラと飼育水が触れてしまうことが重要なんです。

お魚の場合、水の中で生きているので、お水そのものが直接、血液中の酸素に関与してしまいます!

 

飼育水の汚染物質が血管から酸素を奪い取るんです。

金魚の血中濃度

 

怖いですねー

 

これでは、いくら、飼育水中に酸素があったとしても、体内では酸素を消費出来ず、結果、酸欠状態となります。

 

では、例として

金魚救い白黒

 

<お祭り金魚の2日目あるある>

 

例えば、お祭り金魚を持ち帰り、水槽で酸素をブクブクするも・・・

2日目の朝見たら「水面をパクパク」状態だ!

これは、前日「満員電車状態の金魚すくい」により、金魚の体調は最悪、ストレス満載であります。

それに付け加え・・・

金魚は体調を整えるために懸命にパクパク呼吸し、同時に体内から排泄物を排出します。

人で例えるならば、老廃物を汗と共に流すために、運動して、血液の循環を活発にする事と同じですね。

元気になろうと一生懸命なんです、本当に一生がかかってますからね、生命体として・・・。

しかし、その瞬間に、金魚はパクパクしながらお水を汚していることがあります。

 

★酸欠ではなく体調を整えるため、排泄中かもしれません

★パクパクにより水質が悪化し、有害物による酸欠かもしれません

お魚の一生懸命パクパクは・・・

 

呼吸だけではないのです!

排泄物もエラから出しています!

 

しかも、このパクパク循環は最悪でして・・・

 

良かれのパクパクが水を汚し、水が汚れる事で血中酸素を奪われ、苦しいから再度パクパクし、の超悪循環!!!

 

しかも、排泄物を出すところと、酸素を取り込むところが一緒のため、とても危険と隣り合わせなんです。

 

パクパクしながら排泄し、パクパクしながらエラを綺麗にし、パクパクしながら酸素を取り込んでいるんです、どう考えても苦しいでしかない。

もし、エラから排泄するも、エラには水質の汚染物質がまとわり、エラの排泄物もエラにまとわり、汚染物のせいで酸素も取り込めず、しかも酸素を奪われているとしたら・・・ヤバッ。

 

この悪魔の酸欠ループが、「水槽にブクブクしているのに、魚がパクパクして苦しそうなんです~なぜ~?」のケースとして考えられます。

 

さて、ではこの「酸素があるのに酸欠状態」を改善するには??

次回は、この「酸素があるのに酸欠状態」の解決方法について説明していきますよ!

酸欠について考える④【酸欠の回避方法を伝授】

お楽しみに~!