失敗しないためのポイント<より良い飼育環境を用意する「住」>④

2018.3.23

この記事はシリーズで合わせ読みする事を推奨致します。

「コンパニオンアニマルと愛玩動物①」

「失敗しないためのポイント<生き物の生態を学ぶ「生(衣)」>②」

「失敗しないためのポイント<生き物が満足する食事を考える「食」>③」

 


今回はとても重要な「住」についてです。

 

より良い飼育環境とは、どのような環境?

簡単に言うと、広く大きな水槽、生き物に最適な水質、この2つです。私たちに置き換えるならば、「冷暖房の無い、4畳半、ハウスダストやカビだらけ、汲み取り式トイレ、の家」と「冷暖房完備、3LDK、空気清浄器付き、水洗トイレ、の家」どちらが、心地よいのか?という事になります。

 

住む生き物が、快適に暮らせる家作りがとても大切なんです。

 

 

水槽の住環境

 

また、同じ熱帯魚であっても、異なる環境を好むグループに分かれていることを知ってください。

爬虫類にもなると、水棲や陸棲、さらには、砂漠、荒地、湿地帯とわかれますね。

セラジャパンのヒョウモンさん家は、リノベーションして快適になりました。

 

金魚と熱帯魚の飼育水は、異なることはなんとなく分かりますが、熱帯魚となると違いが分かり難くなります。

実は、グッピーとネオンテトラは違う水を好むのです。(弱アルカリ性と弱酸性の違い)でも、どちらをどちらの水で飼育しても生きます。

なれます!我慢して、慣れてくれるのです。

本当にそれで良いのでしょうか?

身体的ストレスを抱えさせる事は、不幸せの連鎖です。

 

 

如何に生き物達がストレスを感じないで、快適に過ごすことが出来る環境であるかをペットの目線で考えてみてください。

ペットの喜ぶ飼育環境がペットの健康を害さない、最善の飼育方法に繋がっています。

私たち人間は、大自然と同じ環境を作ることは不可能です。しかしながら、微力でありながら近づけ、ペットと寄り添う事は出来ると思います。

 

セラジャパンでは、生き物に適した製品を選んで頂きたいと願っています。セラジャパンHPでは、生き物に合った製品をヘッダーのイラストから探すことができますよ!

 

是非、自然に習った、ナチュラルアクアリウムやビオトープテラリウムで様々な生き物達と寄り添ったペットライフを体験してみてください。

 

飼育の基本を考えましょう

飼育の基本ガイド